/
  • Streaming + Download

     

1.
04:14
2.
03:19
3.
04:26
4.
04:25
5.
04:54

about

全曲無料ダウンロード
1st EP by a Japanese R&B band, Chuck G. & The Napkins

credits

released September 1, 2010

Produced by Chuck G. & The Napkins
All songs are written by Shunsuke Goto, except track 1 by Shunsuke Goto and Yusuke Mori

Official Website: chuckgandthenapkins.com
Contact/Booking: chuckgandthenapkins@gmail.com

tags

license

all rights reserved

about

Chuck G. & The Napkins 東京都, Japan

天性のハッピーボイスを持った新世代のソウル/R&Bバンド。2012年8月、初全国流通となるMini Album『YOUR SOUL』をSAKANAMON、東京カランコロン、AJISAI、10-FEET、phatmans after school、藍坊主らを輩出したBUDDY RECORDSよりリリース。 70年代ソウル/ファンクのレトロさとヴィンテージ感を継承しながら、随所で新しいギミックを効かせるなど、新世代ならではの感覚を感じさせるハイブリッドに チューンナップされたサウンドは激FUNKY&FRESH! 都会の喧騒の中で虚無感や寂しさと向き合いながらも、失うことのない情熱や色鮮やかな恋模様を叙情的に描く。 チャック後藤のハッピーボイスは聴く人を自然と前向きな気持ちに変えてくれる。 ... more

contact / help

Contact Chuck G. & The Napkins

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Track Name: Who?
挙げてトラップかかっちゃったって
下げてポッケにつっこんでたって
この手どうせつかめるもんなんてなかった
せいぜい自分の「それ」くらいしかないでしょ

バンザイさせて赤く染めあげて
今では棒になるまで使うのに
この手振りかざせば手錠だけが待ってる
このカラダは一体誰のもんなの

ブッダか 釈迦か 天か
トラか ウマか 犬か
森か 鳩か 管か
忘れるのできない君か

ブッダか 釈迦か 天か
トラか ウマか 犬か
昔描いた夢か
やたらと腹の立つ上司か

One thing that I can say
ぼくのもんじゃない
One thing that I can say
ぼくのもんじゃない
One thing that I can say
そんな勇気もない
知らない誰かに
ゆだねるよSomebody

挙げてトラップかかっちゃったって
下げてポッケにつっこんでたって
この手どうせつかめるもんなんてなかった
このカラダは一体誰のもんなの

ブッダか 釈迦か 天か
トラか ウマか 犬か
森か 鳩か 管か
恐い顔した君か

ブッダか 釈迦か 天か
トラか ウマか 犬か
それともこれ全部
ぼくの作り出した虚構か

One thing that I can say
ぼくのもんじゃない
One thing that I can say
ぼくのもんじゃない
One thing that I can say
そんな勇気もない
自分のそれも
ゆだねるよSomebody
Track Name: Suimasen
からっと昼さがりNo Smokin’のサイン
また1つ居場所がなくなった
そうしてぼくはすみっこ探して
ライター取り出し火をつける

けむりを遠くから見ただけの
カラスが今日もどなりちらす
きれいな肺2つぶらさげて
すすだらけの言葉を投げつける

だけど心の弱いぼくだから
3日たったらラーメン食べて火をつける
自由なんてないこの街で
こんなきれいな街でこんなこと言ってるぼくだから
街のゴミだと思われて
そのうちカラスに食われてしまうな

もう吸いません、本当すいませんでした

もうやめようかどうせならこの昼さがり

だけど心の強いぼくだから
3日たったらラーメン食べて火をつける

行きつけの店にNo Smokin’のサイン
また1つ居場所がなくなった
そうしてぼくはすみっこ探して
ライター取り出し火をつける
Track Name: 4am
疑ってかかってもだまされたよ
信頼してたあいつでもキバを向いたよ
引力に逆らって月に行っても
旗なんてもんはなかったそんなもんだよ

頭がふらふらしてきた
夢の中へ連れて行ってよ
君の声が聴きたくなった午前4時
夢の中へ連れて行ってよ

ゴミのない社会それもすばらしいけど
ムダもあっていいんじゃないぼくはそう思うけど
たまにはこわれてみたくもなるけど
そんな日もあっていいそんな毎日

けずりすぎてとがった世界が
のどにつっかかって息がつまる
頭がふらふらしてきた
夢の中へ連れて行ってよ

疑ってかかってもだまされても
信頼してたあいつでもキバを向いても
引力に逆らって月に行っても
旗なんてもんなくても…

最近少し冷えこむなぁ
嫌がってても時間がすぎてく
明日はぼくの朝が来なくても
夢の中へ連れていってよ
君の声がないと気づいた午前5時
夢の中へ連れていってよ

Don’t wake me up from this dream…
Track Name: Asagakita
朝が来る
朝が来た
影に色がついてく
街は丸くなってく
ぼくは寝転がってる
目をあけて

朝が来る
朝が来た
眠れない夜をこえ
まぶしい朝日
やわらかに
てらされる

君はまだ 寝ているのかな 気持ち良さそうに

朝が来る
朝が来た
朝やけに逃げる
こもうりたちのように
シーツで顔
うめる夜に

朝が来る
朝が来た
うすあかりの月は
青白い目をして
今日をしょって
ぼくを見る

君は笑う 無邪気な顔で ぼくの気持ち知らないで

ぼくの方が間違ってたの どんなことでもいいから そっとささやいて

君はまだ
夢の中
ぼくは見る
今日の朝

朝は来る
朝は来た
ぼくは眠りにつく
いつものように
Track Name: J-WAVE
昨日見た10代のウィノナ・ライダーに
20代の自分を重ねあわせた
風がふいてほのかな夏のにおいがした
するとふっと心が浮いた気がしたんだ

昨日聞いたラジオから流れ出してた
あの頃のヒットソングがまたまわりだしたんだ
風がふいてほのかな夏のにおいがした
するとふっと君に会いたくなったんだ

感情なんてもんはややこしくする
空のようなもんだと思ってた
ぼくなしでまわる日常
捨てさったはずの自分とはちあわせた街角

もっと もっと 風がふいてくれれば
そっと そっと 夏をはこんでくれれば
きっと きっと 案外すてきな街角だったと書くよカルテに

昨日見た10代のウィノナ・ライダーに
20代の自分を重ねあわせた
風がふいてほのかな君のにおいがした
するとふっとレコードはまわりだしたんだ

記憶なんてもんは通りすぎてく
風のようなもんだと思ってた
君なしでまわる日常
消そうとしてもふきとんでくれない東京

もっと もっと 風がふいてくれれば
そっと そっと 夏をはこんでくれれば
きっと きっと 案外すてきな東京だったと書くよカルテに